×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

西村のペリー・ローダンの世界
 ペリー・ローダン シリーズは、ぼくの永遠の楽しみかな。残念なのは、一生
かかっても全部読めないことかな。
 世間で言うほどの熱烈なマニアではない。あえて自慢できるのは、ぼくと、
ペリー・ローダン シリーズとの付き合いは長いことだ。
 社会人の時に購入した、記念すべき第一冊
目です。当時、ぼくは、ハミルトンやスミスなど
の、スぺース・オペラに夢中だった。
 立ち寄った、書店の店に、気になるタイトル
の本があり購入した。これが、ペリー・ローダ
ンとの付き合いとなる。
 読んだ感想は、ストーリーがよく分からなか
った。しかし、一巻から話が続いていることが
わかり、一巻から読み直したら、見事にはまっ
てしまい。現在も進行中なのです。

この本のデーター
 S.49. 2.28. 発行
 S.52.12.31. 6刷
後から購入した、第一巻です。

この本のデーター
 S.46.7.31. 発行
 S.53.6.15. 12刷
記念すべき250巻と1980年にでた250巻に相当する話です。タイトルが微妙に違うとこ
ろが面白いですね。1980年の臨時増刊号は、大分で買えなくて、九州一周駅伝に行って、
熊本で買いました。
ペリー・ローダンの300巻です。 
2004.5.15.発行
先日、NHKでも、この300巻のことが紹
介された。長くなればなるほど、世間の
注目はあびる。
ファンとしては嬉しいかぎりである。願わ
くば発刊ペースをドイツ並かそれ以上に
して欲しい。
ペリー・ローダンの308巻です。 
2005.2.15.発行
2005年から、2月と6月も発刊となり、
年12巻の発刊となった。
これも熱烈なファンがいたからだと思う。
ファンとしては、嬉しい限りである。しかし、
ドイツの発刊ペースよりはまだ遅く、離さ
れるばかりである。

メインへ戻る    趣味へ